akanyatsuyanの平凡な日常

日常の下らないことを何となくほのぼのと書いていくとてつもなく平凡なブログでごさいます。

冬の江ノ島っていいの⁈

どうもAkanです( ̄∀ ̄)

 

最近名前を全部書くのがだるくなったので省略してます。

 

名前変えるのもありやなぁ。

 

とまあどうでもいいことは置いといて、先日、2日かけて鎌倉、江ノ島辺りを観光してきました。

 

鎌倉は夕方ごろ行き、取り敢えず小町通り鶴岡八幡宮に行きました。

 

鎌倉といえばやはりシラスということで夕飯は小町通りにある海鮮丼やさん?に行ってカニしらす丼を食べました。

f:id:akanyatsuyan:20181226203922j:image

本場ですわ

 

行ったのが夕方だったのでどこも閉まっており、することがなかったので、藤沢で予約したビジネスホテルに行き酒を飲んで寝ました。

 

これがたまんねぇ( ̄∀ ̄)(酒は特別好きと言うわけではありませんが)

 

旅行とか行っても、なんやかんやホテルや旅館で友達などと話したりゲームしたりするのが一番楽しかったってこともよくありますよね(旅行に行く意味とは)

 

まあそんなことは置いといて、2日目は江ノ島に行きました。

 

江ノ島はなんとなく夏のイメージがありますが、冬も冬でイルミネーションとかが綺麗なんですよ!(僕は夜までいなかったのでイルミネーションは見てません!)

 

もちろん海には入れませんが。

 

ただ、江ノ島は海だけではありません!

 

僕は龍恋の鐘と江ノ島岩屋と稚児ケ淵に行きました。

 

龍恋の鐘は高校の時に行ったことがあり、その時に南京錠を買ってつけた思い出があります。

f:id:akanyatsuyan:20190103024611j:image

こんな感じでつけるところがあります。

 

一応自分たちのを探してみましたが、流石に見つかりませんでした。(錆び錆びであまり触らないほうがよさそう)

 

その後さらに奥へ進むと、江ノ島岩屋が見えてきます。

f:id:akanyatsuyan:20190103025051j:image

中はこんな感じでライトアップされてました。

 

自然にできた洞窟に人工的なイルミネーションがマッチしていてとても綺麗でした( ̄∀ ̄)

 

岩屋を抜けた後、稚児ケ淵というすぐそこは海ってところに出ることができます。

f:id:akanyatsuyan:20190104001816j:image

 

海を見るときは砂浜からって人は多いと思いますが、こういった岩でできた海岸から見ることは少ないと思います。(僕だけ⁈)

 

割と海も綺麗だったので良かったです( ̄∀ ̄)

 

その後、稚児ケ淵から江ノ島駅から徒歩5〜10分くらいのところまで船が出ていたのでそれに乗りました。

 

行きもその船は出てたのですが、行きは江ノ島の雰囲気を味わうために歩きで行きました。

 

ただ、歩いたら40分くらいかかるところを7分くらいで行けちゃうので、稚児ケ淵と江ノ島岩屋だけ行きたい人は乗るのもありだと思います。

 

そして江ノ島を後にし、帰り際に由比ヶ浜に寄り今度は砂浜から海を見ました。

f:id:akanyatsuyan:20190104002848j:image

 

そのときはちょうど夕暮れだったためこんな感じで綺麗に撮れました。

 

やはり落ち着きますな。

 

とまあ冬なので海に入らず、見ただけで帰りました。

 

実は江ノ電乗り放題切符を買っていたために、由比ヶ浜に寄ったって言う理由もあります。

 

600円で乗り放題なので江ノ電路線で何個か行きたいところがあるって人は是非お試しください。

 

こんな感じで江ノ島は夏に海水浴に行くだけでなく、冬でもイルミネーションされてたりして楽しめるところがあるので、冬に行ってみてはいかがでしょうか( ̄∀ ̄)

 

ではまた〜( ̄∀ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初の東京ミッドタウン( ̄∀ ̄)

こんにちは( ̄∀ ̄)

 

先日、東京ミッドタウンに行ってきました。

 

結論から言うと、幻想的で綺麗なイルミネーションでした!

 

ただ、すこし想像と違うことがありました。

 

このイルミネーションを見るのに、ふらっと行ってふらっと見るということが出来ず、並ばないといけないんですね。

 

あんま調べずに行ったので最初戸惑いました。

 

「なんやこれ並ぶんか!」

 

と内心思いつつ、取り敢えずトイレに行きたかったので先にトイレに行き並びました。

 

だいたい30分くらい並びました。

 

外から並び、中へ入り、また外へ出たらイルミネーションでした。

 

外から並んだのに中に入った時、「あのホームページの写真ってまさか室内じゃないよね、、」と、今の技術では出来ないことはないギリギリのことを考えつつ、室内だったらすこし残念だなぁと思いました。

 

まあ取り敢えず外だったので安心しました。

 

外へ出たらすぐにイルミネーションが広がってました。

 

f:id:akanyatsuyan:20181224135742j:image

 

こんな感じの道をすこし歩くと、ホームページみたいな青いイルミネーションが広がります。

f:id:akanyatsuyan:20181224135842j:image

 

こりゃすげぇと思いつつ先へ進むと、また中へ入ります。

 

これでこのイルミネーションツアーは終了です。

 

外中外中とだいぶ忙しかったです。

 

なんであんな複雑な並べ方にしたんだろうと疑問を抱きましたが、それはそれであちらの考えがあるのでしょう。

 

なのでイルミネーションを見たかったら、黙って並びましょう。

 

行った日はたまたま東京タワーがピンク色になっており、いつもと違う東京タワーが見れて良かったです。

 

ただ、やはり東京タワーは赤に限りますねぇ。

 

ちなみに僕はスカイツリーより東京タワー派でございます。(立地がリッチなので)

 

気温が1〜2度下がったところで今回はこのくらいにしときましょう!

 

皆さんは東京タワーとスカイツリーどっち派ですか⁈

 

ではまた( ̄∀ ̄)

 

スマブラが体の一部になりそうで怖い

どうも最近スマブラばかりやっているAkanでございます( ̄∀ ̄)

 

発売当初は買うつもりはなかったスマブラですが、PayPayという話題のバーコード決算で支払うと20パーセント還元という破格のキャンペーンのせいで(おかげで)

 

スイッチごと買おう!

 

と決心したわけです。

 

ニンテンドースイッチを持っていなかったためにスマブラを買い渋ってた僕ですが、20パーセント還元、運が良ければ全額還元というまさに神がスマブラをやれと言っていたかのように僕の購買意欲を刺激してきたわけです。

 

僕がニンテンドースイッチスマブラを買った時にはかなりPayPayに勢いがあり、もうすぐ100億円終わるんじゃね⁈とツイッターで噂されてたくらいです。

 

これは急がねば!とさらに僕の購買意欲を刺激され、ついには物欲モンスターにまで持ってかされました。

 

そして、僕は友達と高尾山を登ったあと(リフトもちゃんと使いました)、八王子のビックカメラへ行き、ほぼ知性を失った状態でスイッチを探しました。

 

f:id:akanyatsuyan:20181221164851j:image
f:id:akanyatsuyan:20181221164846j:image

ちなみに高尾山からの景色です。

 

 

スイッチを見つけ、レジへ急ぎ「ペイペイで」と店員に言い、スマブラと一緒に買いました。(ペイペイでって言うの少し恥ずかしいので改名を願いたい)

 

無事決算を終え、ペイペイのアプリを見ると約7000円返ってくることがわかりました。

 

これはお得ですねぇ!

 

購入後、友達と居酒屋で飲み、(スイッチ購入前に高尾山、購入後に居酒屋へ行くと言う)帰宅後にスイッチを開封しました。

 

f:id:akanyatsuyan:20181221165032j:image

ちなみに上野の大統領というところに行きました。

 

 

保護シールも一緒に買ったのですぐに貼りました。

 

そしたら過去一失敗しましたね。

 

気泡どころか埃が入ってしまいました。

 

かなりスタートがよろしくないようですね。

 

しかしそれはさておき、スイッチって思ったよりもすごい機能が盛りだくさんで驚きました。

 

テレビゲームだけどテレビに繋がなくてもいいし、コントローラー2つついてるし、ドックにつけるだけでテレビに映し出せるし、カセットは小さいし。

 

僕はスイッチを見て、テレビゲームの概念(持ち出せない、カセットがでかい、起動に時間がかかる等)が覆されました。

 

普通に学校とかに持ってって出来たりします。

 

ただ、バッテリーがすぐ切れるのでそれは注意が必要ですね。

 

いつのまにかスイッチの素晴らしさを語ってしまいましたが、僕が言いたいのはスマブラおもろいって事です。

 

スマブラゲームキューブからやっており、そこそこのファンです。上手くはないですが、、、

 

ただ相手を場外へ飛ばすか落とすという単純なルールなのですが、落とし方がいろいろあり、とても深いゲームであります。

 

今まではやはり据え置きゲーム機特有の、家でしか出来ないという制限がありました。

 

ただ、今回のスイッチは持ち運ぶことができるのでかなり充実したスマブラライフが送れますね。(3DSもあるけど画質があかん)

 

その手軽さゆえに暇があればとりあえずスマブラをやってるのですが、実は今回からオンラインを始めました。

 

それで思ったのですが、

 

みんなめっちゃ強くね⁈

 

びっくりしました。

 

レベル9に勝てるならそこそこいけるんじゃねとか軽い気持ちでオンラインで試合しましたが、最初3連敗くらいして、あーこれダメだわって思いました。

 

でも強い人と戦うとかでモチベーションがあがりますね。

 

そう、このモチベーションのせいでスマブラがやりたくなってしまうのですね。

 

ただ、強者に立ち向かうことでモチベーションが上がると言うのは何事にも言えることなのではないでしょうか。(スマブラ依存を正当化する口述)

 

ってことで今回はスイッチとスマブラのいいところを書いてきました。

 

みんなスイッチとスマブラを買い、僕と試合しましょう!

 

 

 

 

 

 

ピザはとっておきの日なんだ

 

ピザはアメリカでは普通の日に食べるらしいですね。

 

ただ、ここは日本。

 

僕もピザを食べるときは特別な日です。

 

中でも僕が記憶に残ってるピザデーは、去年の今らへんにうちで食べたピザです。

 

その日も例の山梨旅行へ行った時のメンツでピザを囲んで忘年会しようと思ってました。

 

そしたら、そのうちの一人が仕事で遅れると言い出し、とりあえず僕を含めて3人でピザを買いに行きました。

 

そしてピザを2枚ほど買い、うちに戻ってきました。

 

しかし、もう一人はなかなか仕事が終わらず、とりあえず冷めちゃうし3人で食ってるかと、ピザ忘年会を先に始めました。

 

それがとてもうまく、日本に生まれてよかったと思いました。(日本のピザ高くね⁈)

 

うますぎて止まらなかったけど、とりあえずもう一人の子のために少し取っておこうと、とりあえず残しておいて、3人でトランプをやりました。

 

ただ、トランプをやりながらも、残っているピザに気を取られ集中ができませんでした。

 

机からピザをどかして真剣衰弱をやった時も、10回くらい同じところを引いてしまうくらい、あーピザくいてぇなぁと思ってました。

 

時間も結構たち、もう来ないんじゃねと思い「これもう食っちゃね⁈」とついに聞いてしまいました。

 

そしたら、全員一致で「そうやな」とそろい、来たらデリバリーで頼めばいいかと、それっぽい言い訳をつけ、結局残さずに食べました。

 

そしたら、なんとも冷たく、そして硬いのです。

 

アメリカ人だったらためらわずに熱々の美味いうちに食ってたんだろうなぁと日本人(ハーフあり)の僕らは後悔をしてしまいました。

 

結局そのもう一人の子は来ず、冷めたピザはいくらピザでも不味いということを学べましたとさ。

 

めでたしめでたし。

サボリーノakanyatsuyan

どうもakanyatsuyan です( ̄∀ ̄)

 

最後の投稿から1ヶ月以上もサボってしまいました( ̄∀ ̄)

 

理由は単純です。

 

 

 

めんどくさかったからです!

 

正直になってしまいましたすいませんm(_ _)m

 

ただ、なぜまた記事を書こうと思ったかを今回は書いていこうかと思います。

 

たった昨日、ある山梨旅行を一緒に行った友達と東京を散歩してました。

 

https://akanyatsuyan.hatenadiary.jp/entry/%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E6%97%85%E8%A1%8C1%E6%97%A5%E7%9B%AE

ちなみにまだ山梨旅行の記事を見てない方はぜひ見てみてください!

 

 

そして、僕が

 

「筋トレって続かないよなぁ」

 

とぼやいたのです。

 

そしたらその友達が言うのです。

 

ウルトラ究極三日坊主の俺が何事にでも使える、継続する方法知ってるよ!」 

 

と。

 

あーこの子普段頭痛いときに「頭痛が痛い」とか言ってるんだろうなぁと思いつつも、

 

「へーどうやるん⁈」

 

と、とりあえず聞いてみないと始まらないと思い聞いてみました。

 

そしたら、

 

「筋トレだったら、毎日腕立てを1回以上やればいいんだよ。もし一回もできないなら、そいつはポンコツやわ。読書とかなら2ページは読むとかね。」

 

と、心を北極に置い出来たのではないかと疑うくらい冷たい事を言うなぁと思いつつ、んーなるほどなぁ、、、簡単だけど意味なくね⁈と、思ってしまいました。

僕も思えば心を北極に置いてきたのではないかと思うくらい冷たいことを思ってたみたいです。

 

ただ、ここで重要なのは腕立てを毎日1回ずつして筋力を上げることではないということらしいです。

 

大事なのは継続すること。そして物事が続いてるぞという自信をつけることなのです。

 

人はやるまでがとても大変で億劫になりがちなのです。

 

しかし、やってしまえば何かとモチベーションが出てくるものです。

 

あー今日はだりぃしさみぃしねみぃし頭痛が痛てぇからやらなくていいやと思っても、腕立て1回くらいならできるはずです。

 

そこで、1回やってまだできるなと思えばそのままやればいいのです。

 

このことがかなり僕の心に響いてしまいました。

 

心が帰ってきたようですね。

 

なので、僕も腕立てを1回以上毎日やろうと思います。

 

でもそれだけじゃ寂しいなぁと思い、

 

「よし、ブログも1日1文字なら書けるからやろう!」

 

と思い再開してみました。(1文字ずつ書いたら3年くらいかかりそう)

 

しかしYouTuberは凄いですよね。

 

僕は1週間に1記事ブログを完成させるのに苦労してるにもかかわらず、凄い人はほぼ毎日動画編集して動画出してますからね。

 

僕は例え底辺ユーチューバーと呼ばれる人でも、頑張って動画投稿してる人は尊敬します。

 

まあYouTubeに限らず、何事でも継続して出来る人は凄いと思います。

 

なので、僕はとりあえずやる時の敷居を低くしてなるべく継続出来るように頑張りたいと思います!

 

今日はなんかまだモチベーションがあるので一記事仕上げちゃいました。

 

これからもakanyatsutan のブログをよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

東京に鍾乳洞があるとかないとかあるとか

 

 

 

こんにちはakanyatsuyanです( ̄▽ ̄)

 

今年はメチャクチャ暑かったですね。

 

毎年毎年記録的な猛暑な気がしますが、今年は特に猛暑通り越して酷暑もまた通り越して逆に大量の汗による寒さを感じるほどだったと思います。

 

僕はお腹が極端に弱く、特に夏はアイスで腹を壊します。

 

その都度トイレで汗をかき、鳥肌が立つほどの寒気を味わっています。

 

なので僕の中ではトイレは避暑地であると言っても過言ではありません。

 

しかし皆さんにとっては僕のような特殊能力を持っていないわけであります。(いらない特殊能力)

 

てことで世間一般的に知られている避暑地の中の今回は奥多摩にある日原鍾乳洞というところに行って来た時の記事を書きたいと思います!

 

今年はもう秋なので来年もし覚えていたら行ってみてください。

 

さて、まず最初に日原鍾乳洞の読み方を知っとかないといけません。

 

ひはらでもにちはらでもありません。

 

にっぱらです!

 

予習をしっかりしときましょう!

 

僕は読み方を知らずに行こうとしてたため、カーナビで出てこず、「存在してない幻の鍾乳洞なのか⁈」と思いつつもホームページがある時点で普通の観光地であると認識し直しました。

そして普通に住所を調べて行きましたとさ。

 

今回はカローラフィールダーを借りて行きました。

 

カローラフィールダーは後部座席をフルフラットにできます。

 

しかも5秒くらいで簡単にできるので、多くの荷物を積みたい人にはぴったしな車です!

 

 

タイムズカーのカーシェアで借りたのですが、これメチャクチャ便利なので後々記事にするとかしないとか、、(気分屋です)

 

 

そんなことは置いといて、奥多摩までの道のりについて書きましょう。

 

一応車でいけるのですが、途中でメチャクチャ狭い道になります。

 

僕は初心者なため、着く前から冷や汗で寒気がしてました。

 

いろは坂のように対向車がいないという優しい配慮はされてません。

 

ただ、あまりにも狭い道路には案内する人が指示を出してくれるため、そこは安心です。

 

 

どうしても怖いという人はバスがあるのでバスで行きましょう!

 

奥多摩駅から出てます。

 

それと、夏休み以外は知りませんが、夏休みに行く場合は午前中に行きましょう!

 

めっちゃ混んでますf^_^;

 

確か僕は11時くらいに行ったと思いますが、混んでいたため少し離れた小学校の廃墟から歩いて鍾乳洞まで行きました。

 

f:id:akanyatsuyan:20181005100653j:image

 

廃墟はなかなか雰囲気があったため、少しワクワクしました。

 

あえて小学校跡地まで行くのもアリですね( ̄▽ ̄)

 

f:id:akanyatsuyan:20181005102159j:image

 

小学校跡地の隣には何かの廃墟もあります。

 

部屋番号が書いてあったため旅館のようなところだと思います( ̄▽ ̄)

 

 

ひたすら山の中を歩くため落石もあるのですかね。

f:id:akanyatsuyan:20181005102347j:image

 

 

 

鍾乳洞の前の駐車場までは車で行けるのですがこんな感じの細い道をひたすら進まなくてはなりません。

f:id:akanyatsuyan:20181005165518j:image

 

 

 

とにかくあたりを見渡せば自然!

 

f:id:akanyatsuyan:20181005165558j:image

 

 

 

 

跡地から歩いて30分くらいでしょうか。

 

やっと鍾乳洞が見えてきます!

 

f:id:akanyatsuyan:20181005101206j:image

 

入るためにはチケットを購入します。

 

大人は700円です!

 

また、雨だと大量に水滴が垂れてくるらしいのでカッパがあると便利らしいです。

 

僕たちは晴れの日に行きましたが、そこそこ水滴が垂れてきたので雨の日はやばそうです。

 

詳しくは日原鍾乳洞のホームページへ!

http://www.nippara.com/nippara/syounyuudou/syounyuudou.html

 

 

さて、入場券を買って入り口までやってきました。

f:id:akanyatsuyan:20181005234140j:image

 

鍾乳洞にまだ入ってないにもかかわらず、入り口の手前ですでに涼しいです。

 

そして入ると、

 

さみぃなー!

 

そう、酷暑日にもかかわらず結構寒いです。

 

今年は避暑地に結構行っていてその都度思うのですが、長袖は必須ですね。

 

さらに、ここは今まで紹介してきた避暑地の中で一番滞在時間が長くなると思われます。

 

そして鍾乳洞の中は階段が多く、上下に行ったり来たりします。

 

寒さ対策と動きやすい格好をして行きましょう!

 

f:id:akanyatsuyan:20181008101141j:image


f:id:akanyatsuyan:20181008101137j:image

 

あちらこちらに階段、階段と夏休み真っ只中の僕にはかなりの運動量でした。

 

 

友達は「エスカレーター造ろうぜ」と近未来的な鍾乳洞を望んでいました。

 

それはかなりのイノベーターだなと思いつつも僕もそう思ったりしています( ̄▽ ̄)

 

ただ、このライトアップされた素晴らしい鍾乳洞奥地を見たら、ここまで頑張って歩いた甲斐があったと思わされます。

f:id:akanyatsuyan:20181008101727j:image
f:id:akanyatsuyan:20181008101730j:image

 

この景色はエスカレーターで楽をして見てしまっては勿体無いくらい素晴らしいです!

 

空腹は最大の調味料みたいな感じですね。

 

疲れたからこその癒しです。

 

 

ただ、ここで1つ問題が発生します。

 

そう、ここまで来たということは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

戻らなあかん

 

 

しかも戻るということは素晴らしい景色を目指して頑張って歩くという空腹は最大の調味料現象ではなく

 

焼肉食べ放題ラストオーダーで頼みすぎた現象

 

が起きるのです。

 

お腹いっぱいなのに食べなければいけないというように、疲れたのに歩かないといけないということですね。(分かりにくかったらすんません)

 

 

てことで寒く水滴が垂れてくる中、頑張って出口を目指しました。

 

 

f:id:akanyatsuyan:20181008103017j:image

 

そしてやっと出口にたどり着くことができました。

 

 

ここで忘れていた、夏真っ只中ということに気づかされ、さらにここから小学校跡地まで歩かないといけないという現実を受け入れざるを得ない状態に陥りましたとさ。

 

               〜終わりに〜

 

日原鍾乳洞は東京とは思えないくらい自然に囲まれた場所でした。

 

人類が誕生してから現在までという長いスパンで考えれば都会よりも自然に囲まれていた時間の方が長いので、一度自然に帰って落ち着いた綺麗な空気を吸いに行くというのもありなのではないのでしょうか( ̄∇ ̄)

 

本能が蘇ってくるかもしれません。

 

てことで今回は以上です!

 

次回も楽しみにしてくれたらとても嬉しい限りです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨2泊4日旅行日記 〜最終日〜

 

メルヘンチックなオルゴールの森美術館

f:id:akanyatsuyan:20180927102330j:image

 

こんにちは、今回は最終日の記事を書いていこうと思います。

 

1日目を見てない方はこちらへどうぞ!

https://akanyatsuyan.hatenadiary.jp/entry/%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E6%97%85%E8%A1%8C1%E6%97%A5%E7%9B%AE

 

2日目を見てない方はこちらへどうぞ!

https://akanyatsuyan.hatenadiary.jp/entry/%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E6%97%85%E8%A1%8C2%E6%97%A5%E7%9B%AE

 

 

 

ここで2泊4日だから4日あるのに3日目で最終日なん⁈と疑問を抱く人もいるかもしれません。

 

しかし1日目の夜に出発し、山中湖周辺で『レイクビュープリウス』という名の車中泊をしただけなので含めてないのです。

 

ご了承ください( ̄▽ ̄)

 

一応車中泊という文字列に『泊』という漢字が入ってるから普通入れるのでしょうか⁈

 

今更日本語に混乱し始めて少しびびったところで本文を綴っていこうかと思います!(無理やりなかったことにする)

 

ここまで早かった。最終日の朝はとりあえず前の日に余った食パンと卵とベーコンを使って、朝食を作りました。

 

朝食をちゃんと作って食べたのは男4人にしては頑張ったと思います。(男が家事をやらないという昔のような社会は消えつつある今の日本社会なら普通ではあるかおっと()の中身が本文より長くなってしまいそうだからここらへんでやめときましょう)

 

まあ朝結構ゆっくりしてたため2日目も3日目もあまり観光する時間がないという大きな代償を払っているのですがね。

 

さあ朝食も終わったし観光しようと思っていましたが、回るところを決めていないというなんともやっちまってる事態に陥ったのです。

 

ただ全く決めてなかったわけではなく、晴れてたら富士山らへん行くことはさりげなく決めてたのですが、、

 

滞在期間全日曇りだったんですねぇ!!!

 

これは声を大にして伝えたいのです。(ブログでは声が届かないという悲しさ)

 

天気はこんなにも予定を狂わすのかと改めて感じましたね。

 

そうこうしてるうちに10時のチェックアウト時間が迫ってきました。

 

ってことで最終手段、ヴィラアンソレイユ様様に聞くことにしました。

 

チェックアウトしに受付へ行き、「曇りでも楽しめる場所はありますかねぇ。富士山五合目まで行ったらどうですかねぇ」と聞いてみました。

 

すると、「富士山五合目ももしかしたら雲の中ですねぇ。オルゴールの森美術館あるけど男同士だとなぁ。」と言われました。(この記事を書いてるのは旅行に行ってから2〜3週間後で僕の小さな海馬から頑張って記憶を取り出してるため、だいたいこんな感じで言われたというのを書かせてもらってます。)

 

ここでやっと

 

山梨ってヤマナシだけどヤマシカナクネ⁈

 

というジャパニーズジョークが事実となりました。

※1日目参照

https://akanyatsuyan.hatenadiary.jp/entry/%E5%B1%B1%E6%A2%A8%E6%97%85%E8%A1%8C1%E6%97%A5%E7%9B%AE

 

 

まあとりあえずヴィラアンソレイユもチェックアウト時間になってしまったため、記念写真を撮ってもらって出ることにしました。

f:id:akanyatsuyan:20180927154848j:image

 

そうそう伝えるのを忘れていたのですが、ヴィラアンソレイユの看板は何語かわからなく(僕がバカなだけかもしれません、いや、僕がバカなのですはい)そのまま読むとヴィラエンソレイレみたいになるので、最初車で向かうとき「ここか⁈いやでもヴィラアンソレイユとは書いてないな」と入るところをスルーしてしまうということになってしまいます。

 

ですのでもし読者にヴィラアンソレイユ泊まりたい!という人はこの写真にある看板が見えたらそこに入りましょう。

 

カーブ道の途中にあるためとても看板が見づらいため、ゆっくり走って通り過ぎないようにしましょう!

 

あんまり混まない道なためゆっくり走っても大体は大丈夫だと思います。(2泊3日しかいなかった僕が書くのはなんですが、、、)

 

とりあえずもう一回ヴィラアンソレイユのホームページリンク貼っときます。

http://www.villa-ensoleille.jp/

 

 

という感じでヴィラアンソレイユの使用人ではないのかと思わせるくらいヴィラアンソレイユに関することを書いてしまっているのですが、そういうわけではありません。(でもめっちゃよかったからぜひ調べてみてください!)

 

まあヴィラアンソレイユの話はここで終わりにします。

 

とりあえず無計画で車を走らせていたところ、ヴィラアンソレイユから少ししたところにオルゴールの森美術館というところがあるのです。

 

ヴィラアンソレイユの方からさりげなく「男同士だとなぁ」と言われたのですが、どこも行くところがなかったため、行くことになりました。

 

さて入館しますかと入館料無料を見ると、

 

1100円だと⁈

 

僕たち節約家(貧乏人)はパッと入ってパッと出ようとしていたため、需要が供給に追いつかなかったのです。

 

でも行くところないし覚悟を決めて入ることにしました。(節約家(貧乏人)あるある)

※社会人の友達がナンチャラカードとやらを持っていたため900円で入れました。

 

あー金持ちなら迷わずに入ってたしむしろこの美術館ごと買ってたのになぁと思いつつも入館すると、

 

あれ、割と広いしメルヘンチックでオモロそうじゃん(爆笑)


f:id:akanyatsuyan:20180927161026j:image

f:id:akanyatsuyan:20180927161030j:image

 

とみんなで思いました。(オルゴールの森美術館の方々なめてました本当にすいませんでした)

 

そして時間ごとに分けられたオペラやサンドアートなどを鑑賞しつつも(僕はあまりにも心地いい空間だったため寝てしまいました本当に美術館の方々に陳謝します。)メルヘンチックな館内を満喫しました。

 

館内にあるお土産やさんはほとんどがオルゴール搭載のもので、これもオルゴールなのか!とはしゃいでしまいます。(はしゃぎすぎると落として壊してしまう可能性があるので心の中ではしゃぎましょう)

 

 

オルゴールの森美術館のホームページです。

https://kawaguchikomusicforest.jp/guide/

 

そして車に戻り、さて、次はどこに行くかと。

 

意外とオルゴールの森美術館を満喫できたため、2時間くらいいたと思います。

 

そのため1時くらいになってしまいました。

 

結構満喫できたなぁと思いつつも微妙な時間になってしまったということで山梨の観光地も回ることが厳しくなってしまいました。(車を20時までに返さないといけないという縛りプレイだったため)

 

車の中でどうしようかと途方にくれていると、「横浜のコスモワールドでジェットコースター乗るか」という案が出たのです。

 

地元が埼玉県で横浜の方まで行けば意外と帰り道ではあるため、それにしようと決心しました。

 

覚悟を決め、カーナビにコスモワールドといれ、気合いを入れてコスモワールドに向かいました。

 

僕は免許取り立て(5ヶ月くらい)の初心者なので、高速に乗ると聞いた時はみんなに遺書を書かせようと思いました。

 

しかしサービスエリアに行きたかったため避けては通らないのです。(結局ほぼ初心者じゃない友達に運転を任せましたがね)

 

そしてあの海老名サービスエリアにより、昼飯を食べ、お土産を買いました。

 

その後さらに高速で移動し、馬堀海岸インターチェンジまで車を走らせました。

 

おー横須賀だぁと何も考えずにいると、

 

 

 

 

コスモワールドって横浜じゃね⁈

 

 

おかしいと思い、グーグルマップで調べなおしてみると、案の定メチャクチャ遠かったのです。

 

このカーナビやってんなと思い、後々調べてみたところ、向かってた先は

 

 

 

株式会社コスモワールド

 

 

やっぱりこのカーナビやってんなと思いましたね。

 

コスモワールドといえば横浜のコスモワールドだろとカーナビにキレながら(事前に調べれば済むことですがね)とりあえずどこも寄らずに高速に乗って帰らざるを得なくなりました(大汗)

 

 

そして危なっかしいながらも無事地元に帰ってくることができました!

 

レンタカー会社にも時間通りに返せたし、最後の最後でやらかしましたが事故もなかったのでとてもいい旅行となりました。

 

 

ここまで2泊4日の山梨旅行日記を書いて来ましたが、なんやかんや思い出に残ってるのはヴィラアンソレイユでやったバーベキューとウノですね。(山梨に行った意味とは)

 

結局は仲の良い友達とワイワイしてるのが一番楽しいのかもしれません。

 

ただ、山梨も自然に囲まれていて空気も良くて山がいっぱいありいいところです。(誰れでも知ってる)

 

さて、旅行も概ね成功ということでここらへんで締めさせていただきます。

 

では、また次の記事でお会いしましょう!

 

 

※次の日、レンタカー会社から電話が来たので出てみると、「ETCカードが刺さったままだったので預かっておきます。」

 

めでたしめでたし